ヴァイオリニスト、千住真理子の公式サイトです。

訃報

2013/6/28

エッセイスト・教育評論家であり、千住博(日本画家)、明(作曲家)、真理子(ヴァイオリニスト)の母 千住文子は、かねてから病気療養中のところ、6月27日に多臓器不全のため永眠いたしました。(87歳)
ここに生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ申し上げます。

photo_fumiko03

千住文子

千住 文子 (せんじゅ ふみこ)
1926年3月4日生まれ。エッセイスト、教育評論家。
薬品研究室研究員として抗生物質の研究に従事。
その後、慶應義塾大学名誉教授 千住鎮雄と結婚。
日本画家の千住博、作曲家の千住明、ヴァイオリニストの千住真理子を育てた。
教育観などを綴った「千住家の教育白書」、「千住家にストラディヴァリウスが来た日」「千住家の命の物語」「命の往復書簡2011~2013 母のがん、心臓病を乗り越えて」の著書がある。